まぼろしの市街戦

卓越したユーモアたっぷりに戦争の狂気を活写する、カルト映画の傑作が、
半世紀を経て4Kデジタル修復版で奇跡のリバイバル公開!

第一次大戦末期、敗走中のドイツ軍は占拠したフランスの小さな街に大型時限爆弾を仕掛けて撤退。イギリス軍の通信兵は爆弾解除を命じられ街に潜入するも、住民が逃げ去った跡には精神科病院から解放された患者とサーカスの動物たちが解放の喜びに浸り、ユートピアが繰り広げられていた。通信兵は爆弾発見を諦め、最後の数時間を彼らと共に過ごそうと死を決意するが…。巧みなストーリー展開に反戦のメッセージを喜劇に込めた、『カトマンズの男』『リオの男』等で知られる名匠フィリップ・ド・ブロカの代表作で、映画ファンに愛され続ける真の傑作。『恋する女たち』のアラン・ベイツ、『1000日のアン』『愛のメモリー』のジュヌヴィエーヴ・ビジョルドが主役を務め、ジャン=クロード・ブリアリ、ピエール・ブラッスールらフランスの名優が脇を固め、音楽は、トリュフォーとのコンビで知られるジョルジュ・ドルリュー。常識が常識でなくなる不安を抱える現代(いま)こそ必見の映画史上に残る奇跡の一篇。上映される本編は海外で一コマづつ4Kにてデジタル修復が施された最新のデジタルマスター。若干エンディングが異なった日本公開版ではなく、オリジナル版でのDCP上映です。





中学生の頃、テレビの洋画劇場で見て大衝撃を受けて以来、生涯ベスト。
あの淀川長治さんも、その日は本気で大興奮していた。
-瀬々敬久さん(映画監督)


戦争が非現実にみえるユートピア。まさにヒッピー天国だ。
-Los Angeles Times


面白可笑しく、感動的な映画体験。
-The New York Times





監督:フィリップ・ド・ブロカ
製作:フィリップ・ド・ブロカ、ミシェル・ド・ブロカ
脚本:ダニエル・ブーランジェ、フィリップ・ド・ブロカ
原案:モーリス・ベッシー
撮影:ピエール・ロム
音楽:ジョルジュ・ドルリュー
出演:アラン・ベイツ、ピエール・ブラッスール、フランソワーズ・クリストフ
   ジャン=クロード・ブリアリ、ジュリアン・ギオマール、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド
   ミシュリーヌ・プレール、アドルフォ・チェリ







上映劇場



●関 東●

東京

  10月27日(土)~   K's cinema  〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目35-13 3F  TEL:03-3352-2471



●中 部●

愛知

  公開予定   名古屋 名演小劇場  〒461-0005 名古屋市東区東桜2丁目23番7号  TEL:052-931-1701



●近 畿●

大阪

  公開予定   シネ・ヌーヴォ  〒550-0027 大阪市西区九条1-20-24  TEL:06-6582-1416


兵庫

  公開予定   元町映画館  〒650-0022 神戸市中央区元町通4丁目1-12  TEL:078-366-2636



●中 国●

広島

  公開予定   シネマ尾道  〒722-0036 広島県尾道市東御所町6-2  TEL:0848-24-8222



●四 国●

愛媛

  公開予定   松山 シネマルナティック  〒790-0012 松山市湊町3-1-9マツゲキビル2F  TEL: 089-933-9240
  







予告編